2016年05月08日

主日礼拝メッセージ「狭い門から入りなさい」マタイ7:13、14

 今日の箇所は、山上の説教の中でも、特に「短い箇所」です。ところで、あなたがその日、イエス様のところに来ていた弟子たちの、あるいは群衆の一人だとして「狭い門から入りなさい」と教えられたら、どんなふうに思っただろうか、と想像してみてください。この話を、すんなりと受け取ることができたでしょうか?それとも、せっかく遠くからやってきたというのに、「見出す者はまれ」ということは「祝福を受ける人は少ない」ということか? イエス様は何を話しているんだ? と、感じたのではないでしょうか。

T.狭い門からと言われると
 1.もしそれがラーメン屋さんなら・・・
 もしその門が「ラーメン屋さんの門なら」、どちらを選びますか。狭いよりは「広いほう」を。誰も行かない方よりは、「みんなが行くほう」を。目立たない方よりは、「よく目立つほう」を選ぶでしょう。行列のできるお店は「美味しいお店だ」とよく言われますから。
 でも、ここで話されているのは、「ラーメン屋さん捜しの話」ではない。私たちの人生の選択の話です。私たちが、自分の人生において幸いを見つけ出し、救いを得る、究極の幸福を得る道を選び取る場合は、どうなのか、と問いかけてくるわけです。

 2.私たちが目指している姿は
 私たち教会が目指している教会の姿は、イエス様の教えよりは「ラーメン屋捜しの基準」に近いのではないか、と感じます。私たちが日頃、伝道しようと思う時、気にしていることはなんでしょうか?教会に、いかに敷居を低く感じてもらい、教会の門をくぐってもらえるだろうか?例えば、英会話教室をしてみたり、音楽会をしたり。教会にいろんな施設があるか、とか、青年たちにも楽しい機会が提供できるか、などでしょう。
 それは、もしかすると「門を広げ、目立つようにしている」ことかもしれない、と思うのです。それ自体は悪いわけではないのですが、その門の先に「救いがあるかどうか」に、もっと注意を向ける必要があります。いや、イエス様の時代ですら「救いの門は狭かったし、その門を通る人はまれだったのだ」ということが真実の姿です。

U.狭い門から入るために
 ここで、イエス様が語っているのは、「人々を迎えるべき門がどういう姿であるべきか」という話をしてはいないのです。それよりも、門を通ろうとする人々に「どういう門を通るべきなのか」と話しておられるのです。

 1.門の外観のことではない
 「狭い門、人の行かない門」ならよいのか?言葉通りを読めば「それでいい」はずですが、単なる「狭い門」が祝福や幸い、救いを約束しているわけではないのです。狭くても、滅びに至る門はあるでしょう。人が行かない、見つけにくい門でも、救いにつながらない門もあるでしょう。当たり前のことですが、ここで言われている「門の外見」や「人の評判に気をつけなさい」ということではない。これは、私たちの「人生の選び方」に対する警告です。

 2.自分でしっかりと見極めて
 「人の評価や外観に惑わされるな」と、警告しているのです。外見に惑わされず、人の意見に左右されず、私たち自身の目で見て、耳で聞いて、きちんと選びなさい、ということです。私たちは、どこか「受け身で、他人任せで、消極的」過ぎてはいないか。「周りを気にして、周りと協調することに長けている」日本人として。クリスチャンとしても「とても受身的」なのかもしれない。教会で教えられるままに、牧師からメッセージで語られるままに。
 パウロの伝道旅行の途中で出会った「ベレア」の兄姉は、「果たしてその通りかどうかと、聖書を調べた」と使徒の働きに書かれています。彼らは、パウロの言葉だと言って「鵜呑みにすることなく」、しっかりと聖書を調べ、自分の目で確かめ、自分の信仰で判断して、「主の道を選びとっていった」のです。
 現在のような「世間が、なんとなく、人の意見を伺い、気に掛け、なんとなく同じ意見になるように」という同調圧力を感じている時代だからこそ、私たち自身は、何を信じているのか。何を選びとっているのか。しっかりと「自分の思いと信仰で選びとり」「自分の言葉でちゃんと説明できる」必要があるのです。

V.狭い門から入るとは
 では、私たちは改めて、どのような「狭い門」を通るべきなのでしょうか。

 1.イエス様が指し示す門
 別の言い方で言えば、「イエス様を指し示す門」、「聖霊なる神さまが指し示し、導いれられる門」といえば良いでしょう。
 それは「多くの人が入っていく」門ではないかもしれません。教会は「この世の人がこぞって入っていく門」ではないのかもしれません。しかし、そこは「本当の救いに至る門」です。それは「罪の悔い改めを求められる」狭い門です。それは「イエス・キリストの十字架」という「たったひとつの門」です。けれども、そのキリストの門は「確かに、私たちを滅びからいのちへ、滅びから救いへと導く確かな門です。
 そして、それが真に「教会のあるべき姿」です。もちろん、ここで言われている『狭い門」はイエス様、そのものです。でも、それをこの世に指し示していくのは、イエス様を主をして従う教会であり、イエス様を私の救い主として信じる私たちクリスチャンの一人ひとりなのです。私たちが門そのものではないけれども、私たちがその「狭い門」であるイエス様を指し示し、表しているのか、そのように歩んでいるのか、を教えられるところです。
 そんなことは、とても畏れ多いことと思えます。私のような者が「イエス様を指し示すなんて」と。でも、神さまは私たちにこの大切な使命を与え、私たちにその働きを任せてくださっているのです。私たちのつたない言葉を通し、私たちの足りない行動を通して、ご自分の救いと栄光を「この世に現そうとしておられる」のです。私たちは、そのことに恐れおののきつつ、感謝をしながら、歩む必要があります。

 2.イエス様のように歩む道
 そして、もう一つ。この「狭い門」は、「一旦くぐったら、それでOK!それがゴール!」という門ではなく、「門の後ろに続いている、救いに至る道、天に至る道を」歩み続けるかどうか、も私たちに問うているのです。その道は、イエス様が歩まれた道です。
 イエス・キリストという門を通ったら、「イエス様のように歩む道」が待っているのです。それは、「この世的に成功した、恵まれた歩み」ではないかもしれません。しかし、その道、その歩みは「イエス様のように歩む道」です。
 狭い門を通ったから、「イエス様の歩み」が約束されているのではありません。かえって、「イエス様の門を通ったからこそ、私たちキリスト者には「イエス様のような歩み」が求められているのであり、日ごとにチャレンジされている」のです。人には「損と思える歩み」でしょうし、「自分自身も時には、苦しい歩み」でしょう。けれども、その歩みを続けるからこそ、私たちは「イエス様のいのちに生かされる」のであり、「イエス様の思いを知る」のですその道を歩む時、私たちは「神さまが、そしてイエス様がどれほど私たちを愛していてくださり、日々に私たちのことを目に留めていてくださるのか」を知るのです。そして、そのような歩みの結末にこそ、「天の御国」「栄光の門」が待っているのです。
 イザヤ書30:21。「あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを聞く。」


posted by 五日市聖書教会 at 00:00| □メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。